ゲーム「深夜廻~メインテーマ~」について

ゲーム「深夜廻~メインテーマ~」について  作曲:大山曜(アストゥーリアス) 


昨年春、日本一ソフトウェア様から「深夜廻」というゲームのテーマ音楽の依頼をいただきました。前作「夜廻」が好評につき続編制作ということになります。

公式サイト:https://nippon1.jp/consumer/shin_yomawari/

前作「夜廻」のテーマは古賀美香さんが作曲をされていて、クラシカルなピアノがどこか懐かしさを漂わせながら展開する美しい曲で、評判の人気曲だそうです。

ホラーゲームなんですがノスタルジーを感じさせる世界観がとても素晴らしく、私も大変気に入りました。

今回の依頼はこの「夜廻」の世界感を踏襲しつつも、違ったアプローチでこれを超える楽曲!!というなんとも難しいお題です(^^;)。

さて、どうしたものか・・・。私はここまでクラシカルなピアノ曲は弾けません&作れませんので、「ホラー+哀愁」ということで、得意のプログレ+アコースティック系アプローチを取ることにしました。往年の名曲「エクソシストのテーマ」や「サスペリアのテーマ」の世界ですね。凄く美しい楽曲なのに、狂気・恐怖といったものが垣間見れるというもの。それに資料としていただいた少女二人の可愛らしい絵のイメージを加えて、夏の夜の森で迷子になってしまったような不安・恐怖、そしてノスタルジーをも表現しようと取り組みました。

そして出来上がったのがこの曲です。

私がピアニストではないので、とてもシンプルな音列です。ちょっとピアノをかじった人ならさらっと弾けると思います。和声は特にこだわりを持って作りましたので、是非、哀愁漂う微妙な雰囲気(?)を味わっていただけたらと思います。テイセナさんのバイオリンを何本か重ねて情感豊かに豪華に仕上がり、個人的にも大変お気に入りの曲になりました。

たくさんの方がゲームをプレイしていただいただけでなく、音楽にも注目してくれたみたいで、YouTubeの再生数・コメントがもの凄くてびっくりしました。本当にありがたい限りです。

さて、私がリーダー/プロデューサーを務めるアコースティックユニット「アコースティック・アストゥーリアス(通称アコアス)」 がありまして(バイオリンはテイセナさんです)この曲を是非演奏させてほしいと、日本一ソフトウェアさんにお願いしたところ、快くOKをいただきまして、次のライブで演奏させていただくことになりました(改めて御礼申し上げますm(_ _)m)。

ワンマンライブが9/1(土)南青山マンダラで行われます。ピアノ、バイオリン、クラリネット、ガットギターの4人編成なので、ゲームの正規音源とはアレンジが変わりますが(ちょっと長くします)、グランドピアノやバイオリンで、この曲を生で間近で体験出来る貴重な機会になるかと思います。是非皆様お誘い合わせの上、お越しいただければ幸いです。他にもゲーム関連曲を含め、親しみ易いメロディと緊張感を兼ね備えた独自の世界感は、アコアスお初の方でも楽しんでいただけるものと思います。


☆夜の部 Sold Outにつき 昼の部の追加公演が決定となりました☆

5/6 0:00~予約開始。詳細はこちらになります。皆様のご来場お待ち申し上げます。

Asturias News

Japanese Progressive Rock Unit Asturias Official Site

0コメント

  • 1000 / 1000